えりかの物語 その六

 う〜ん。やはり少し寝不足気味かなあ。その朝(六月一五日)名古屋港に臨む地にいました。〔奇跡戦隊 KANON Ranger〕ショーに、あゆさん・栞さん・祐一さんを連れて行く旅人リン様のロードスターに便乗させてもらい、やって来たのです。確かにこの風景は、戦隊物に相応しい場所です。でも私がやってきたのは、何もショーの見学の為ではありません。実は、かのマナ様が当日この大名古屋の地に来られるから、ここで結婚式を挙げておこうと言う事なのです。
 リン様一行と一旦離れて、おと兄〜様と二人歩いていますと「コンテストの受付は、こちらですよ」と、声をかけてきた方がいました。何でもウェディングドレスの着こなしコンテストも、行われているとの事です。そっと、おと兄〜様の方を窺っていましたら『僕は、今日この地に、このえりかと結婚式をする為に来た。何で、花嫁と別れ、他の者の手中に預け、一人で往く事があろうか』とその方に告げ、私をより深く抱きしめると、急ぎ結婚式場であるマナ様の教会へ向かったのでした。マナ様の教会では、懺悔の受付とそれによる免罪符の発行も行われています。免罪符を眺めながら、おと兄〜様は、少々自嘲気味に『僕が懺悔する為に教会へ詣でるのだとしたら、何回も来ないとだめだネ』と苦笑されました。私の方に向き直ると『でも、結婚式をあげる為に教会へ詣でるのは、えりかとあげる今日の一回だけだよ。』と言ってくださいました。そして、マナ様・サユリさんに祝福され無事結婚式を終えました。

           
その時にもらったのが、この婚姻証です。こうして私は無事、おと兄〜様の奥さんになれたのでした。
 その後、リン様達の〔奇跡戦隊 KANON Ranger〕ショーも見学して、午後3時過ぎに名古屋を出発です。時間が無かったので、名古屋近辺の観光は出来ませんでしたが、それは又何時か、往きたいと思っています。
 結婚式を執り行って下さいましたマナ様・スガぴぃ様、便乗させてくださいましたリン様ありがとうございました。
←その五へ



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO