えりかの物語 その四

 三月一四日、春浅い陸奥の聖地梨香城へハネムーンにと、
おと兄〜様が(日帰りですが)旅に連れて往って下さいました。
実家との移動は、お正月の時も含め高速バスでしたので、この旅で乗る新幹線が、その話を聞いた時から楽しみでした。
当日天気は旅日和の晴天で気分も最高、ハッピー・ナミーに見送られて新幹線に乗りました。
ドンドンと、遠ざかる景色を見ているうちに、あっという間に(一時間ほどで)ローカル線乗り換駅です。
更に乗ったローカル線、のんびりとした車窓も中々良いものですネ。
しばらく外を眺めていたのですが、どうやら朝早かったりした (と言うより前の晩、ワクワクして余り寝てなかった) ので、
眠ってしまっていたみたいです。
 「もうすぐだよ」と言う、おと兄〜様の声にハッとして、目を覚まし車窓を見ると、目的地であるお城が見えてきていました。
駅から少し戻る感じで歩いて、無事到着してさっそく橋のたもとにある銅像前や、お城の入り口で記念撮影を撮りました。
お城の中に入ると、大梨香(五世?)女帝陛下がおられたのでお傍に往きましたら、沢山の衛兵に取り囲まれてしまい、「あせあせ」。
気を取り直して、指定された順路にそって、寶帝國の歴史とかのお勉強です。
そして売店では、五月の披露宴での引き出物と、留守番をしてくれているアーチン達へのお土産購入です。
 「あっ、お城見学記念の映画を、やっていますよ。」
ミニシアターで、見たその映画は恋愛物では無く、冒険物でしたが、おと兄〜様と二人だけで、見たと言う事が良かったです。
色々と楽しんだ梨香城を離れ、ローカル線で城下町をあとにしました。
帰りは新幹線ではなく、高速バスです。
発車時間まで時間があるので、バスストップ近くの別な(松平定信公ゆかりの)お城も見学してきました。
 少し寒かったですが、とても有意義な一日でした。

←その三へ その五へ→



SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO